おーぷんMIDIぷろじぇくと

ホーム | ニュース | フォーラム | 資料 | FAQ |リンク | 貢献者 | 作者

Japanese | English | Chinese


MIDI音源状態管理用ライブラリ『MIDIStatusライブラリ』(DLL)

『MIDIStatusライブラリ』は、フリーでオープンソースの、MIDI音源の状態保持・参照用ライブラリです。このライブラリは、MIDI音源の各鍵盤の押され具合、コントローラーやプログラムナンバーやピッチベンドなどの状態、マスターボリューム・マスターリバーブ・マスターコーラスなどの状態を記憶する構造体を管理し、いつでも状態を設定・参照することができます。リアルタイムで状態を記録するには、MIDIStatusオブジェクトに対してMIDIメッセージを与えるだけでよいのです。MIDIStatusオブジェクトは、MIDI1.0/GM/GM2/GS/XGで定義されるほとんどのMIDIメッセージ(システムエクスクルーシブ含む)を認識できます。

/* MIDIStatusオブジェクトのマスターボリュームを127から100に変更する */
#include <stdio.h>
#include <tchar.h>
#include <MIDIStatus.h>
int _tmain () {
	long lMasterVolume;
	unsinged char cMIDIMessage[] = {0xF0, 0x7F, 0x7F, 0x04, 0x01, 0x00, 0x64, 0xF7};
	MIDIStatus* pMIDIStatus = MIDIStatus_Create (MIDISTATUS_MODENATIVE);
	if (pMIDIStatus == NULL) {
		_tprintf (_T("MIDIStatusオブジェクトの生成に失敗しました。\n"));
		return 0;
	}
	/* デフォルトのマスターボリュームは127である */
	lMasterVolume = MIDIStatus_GetMasterVolume (pMIDIStatus);
	_tprintf (_T("現在のマスターボリューム=%d\n"), lMasterVolume);
	/* マスターボリュームを100にする */
	MIDIStatus_PutMIDIMessage (pMIDIStatus, cMIDIMessage, 8);
	lMasterVolume = MIDIStatus_GetMasterVolume (pMIDIStatus);
	_tprintf (_T("現在のマスターボリューム=%d\n"), lMasterVolume);
	MIDIStatus_Delete (pMIDIStatus);
	pMIDIStatus = NULL;
	return 1;
}
名称 対応OS ファイル名 リリース日 容量
■MIDIStatusライブラリ0.9 Windows XP / Vista / 7 / 8.1 MIDIStatusLib0.9.zip 2014/04/29 428KB
■MIDIStatusライブラリ0.8 Windows 95 / 98 / ME / 2000 / XP / Vista / 7 MIDIStatusLib0.8.zip 2013/03/03 244KB
■MIDIStatusライブラリ0.7 Windows 95 / 98 / ME / 2000 / XP / Vista / 7 MIDIStatusLib0.7.zip 2012/12/02 244KB
■MIDIStatusライブラリ0.6 Windows 95 / 98 / ME / 2000 / XP / Vista / 7 MIDIStatusLib0.6.zip 2009/12/26 236KB
■MIDIStatusライブラリ0.5 Windows 95 / 98 / ME / 2000 / XP / Vista / 7 MIDIStatusLib0.5.zip 2008/03/31 179KB


(C)2002-2017 くず / おーぷんMIDIぷろじぇくと OSDN